• 080-5178-9927

Internet Biz.コラム

Internet Business全般に関する情報コラムです。

ホームページを持っていても上手く使えていない会社が沢山あります。最新のインターネットビジネスの流れを見失うと集客が難しくなります。時代は、ターゲット客層が喜ぶコンテンツを定期的に発信するホームページが検索エンジンに優遇、取り上げられます。

Joomla CMSで構築されたホームページは、原則、サイトオーナーが自分でページ作成が出来る。ページ数が1万ページ以上になっても反応速度は変わらない。ポータルサイト用のCMSであるからだ。個人や複数人でサイト運営を予定しているならば、Joomla CMSで訪日観光客向けの情報発信サイトや宿泊予約サイトなどを作ると良い。

Joomla version 3.xからは、スマホやPCに自動対応になっており、多言語対応でもある。複数人の運営が出来るように権限設定も用意されている。ページ作成は、フロントページからログインしてページ作成、編集をする方法と管理画面にログインしてページ作成や編集をする2つの方法が取れる。

ちょっとした文字修正や追記などはフロントページでログインして編集をした方が早くて簡単だ。

日本語、中国語、韓国語、英語の4か国語で訪日外国人の民宿情報を発信できる

Joomlaを使っているユーザーサイトが有るのだが、Joomla 1.5や2.5は既に開発終了であるのでリニューアルをするしかない。Joomla 2.5の場合は、1.5バージョンよりもJoomla 3.xにマイグレーションし易い。Joomla 4.xにバージョンアップする前にJoomla 3.xにバージョンアップすることが大事だ。

Joomla 3.8, 3.9, 4.0とシステムバージョンがスケジュールされている。問題は、Joomla 2.5から4.xにマイグレーションは難しいということだ。

Joomla 3.xから4.xへのマイグレーションは簡単になる

オウンドメディア(Owned Media website)が集客のツールとして法人企業で使われている。主に主力製品に特化した情報と関連分野情報でオウンドメディアが活躍している。オウンドメディアサイトは、個人でも作れる。CMSソフトをサーバーにインストールして構築すれば良い。

ウエブページが1万ページを越えても応答速度が変わらないCMSがオススメだ。Word Pressというブログシステムがあるが、大規模向けではない。1万ページに行かない内に応答速度が遅くなる場合がある。使っているプラグインが多いほどPHPによるページ自動生成が遅くなる。

数千ページ以上のオウンドメディアサイトを作るならば、Word Pressは止めておいたほうが良い。最初からポータルサイト用途のCMSでオウンドメディアサイトを構築すべきだろう。

Joomla 3.7 Imagery infographic 1280x720 en

3月中にJoomla 3.7バージョンがリリースされる予定だ。Joomla CMSを10年以上使い続けている。バージョン1.1.5から3.6.5まで経験している。バージョン3.7では、多言語サイト構築機能とURLルーター機能、そして、メニュー簡單構築機能が注目の新機能になる。

Facebookログイン機能もディフォルトでシステムに含まれる。色々な便利機能がディフォルトで提供されるCMSは、Joomlaだけだ。Word Pressなどは、必要なプラグイン機能を追加してカスタマイズしないとすぐには使えない。初心者向きではない。

Joomla CMSは、初心者でもシステムをインストールできれば必要な機能がシステムで自動的に提供される。足りない機能があるならば、Joomla Extension Libraryサイトからダウンロードが出来る。または、システムの中で必要なプラグインを探ししてダウンロード、インストールが出来る。

Tags:

Googleアドセンス広告サービスを使って広告収益を上げているブロガーが沢山いる。多くは、20歳代、30歳代、40歳代だ。インターネット歴が長く、自宅でお金を稼がざるを得なくなった主婦や派遣社員、そして、会社勤めに見切りをつけた元社員などだ。

Googleアドセンス広告ビジネスを始めるのは、誰でも出来る。誰でも出来るのだが、お金を稼げない人が大勢いる。参入障壁は低いが、お金を稼げないために辞めてしまう人も多い。インターネットで儲けている人を見て私でも出来ると思い込みやり始める。ビジネスは何を取っても簡単ではない。簡単にできるビジネスは、直ぐに競争が激化して成り立たなくなるという運命だ。

Googleアドセンス広告ビジネスは、継続的に魅力的なコンテンツを書き続ける人だけが生き残る。

コンテンツがあれば記事を簡単に公開できるホームページが必要!

昨日、自社Joomlaサイトをホスティングしているエックスサーバーを新サーバーに移行した。その結果、半日に渡る500 System Internal Errorが発生。エックスサーバー側は、最新サーバー環境への移行を自動的に行うので問題がないような説明があった。

エックスサーバーでJoomlaサイトをホスティングしているユーザーは、最新サーバー環境への移行手続きをするとこんな問題が多分発生する。

Subscribe 購読

コンテンツマーケティングツール Joomla CMSお客に見つけてもらうサイトに育てましょう。Joomlaとコンテンツマーケティングに特化した情報をFacebook、Twitter、ブログ、メルマガで提供しています。

subscribe-facebook

subscribe-twitter

検索

© 2016 Goyat. All Rights Reserved.